お宿のご紹介 静かにJazzが流れるリラックス空間

オンライン予約を始めた当初より一貫していた、キャンセルポリシーをこの程、変更致しました。

no show(不泊)キャンセル・・100%
当日キャンセル(連絡有)・・80%
前日キャンセル・・50%
三日前より前々日まで・・20%

現状、オンライン予約のキャンセル料は3日前から発生します。

この様な形の変更は本来、本意ではないのですが。

・・繁忙日の直近のキャンセルが後を絶ちません(汗

宿側と致しましては、お客様の止む無いご事情あっての事だと信じておりますが。。

今のご時世、そうでもない事例も多々ある様です。ご希望のお日にちに予約したくても出来なかったお客様は元より、キャンセル後のお部屋の穴埋めはとても体力を使います。

そんな中、お客様と宿側の関係が希薄な昨今、台風が来ても行きます!との本当に嬉しいお言葉を頂けるお馴染み様も事実いらっしゃいます(笑

意思の疎通が難しいポータルサイト経由では中々にお客様とのこの様な関係性を築く事は出来ません。自社サイト予約やお電話予約でしたら多少の融通が効く場合もございます。どうぞ遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

※掲載内容には一部主観が含まれております。

ふと思った、私自身の久々の他愛の無い話。

大よそ早二年前。人生初の大病を患い、これまた人生初の入院生活を送りました(今はすこぶる元気です)。

ものの数日でしたが当初はICUに運ばれ、携帯電話等の電子機器は一切使えず、世の情報が完全に遮断された状況下に直面した時は流石に「もうダメかも。。」そんな弱気な精神状態に陥っていました。

そんな中、本当に救われたアイテムが『本』と『音楽』

時間を持て余している分(笑)文章や歌詞を一語一句噛み締め、自分の好きなメロディがスッと心に入って来るあの感覚。

自分が和太鼓(音楽)をかじっているせいもあってか、感情移入し過ぎて涙が出るほど気が紛れた事を記憶しています。

最近、好きなアーティストにメジャーやローカルは気にならなくなりました(ゴメンナサイ)。

そのアーティストを知る中でバックボーンやストーリー性が良いんです。

何か自分が愛して止まない地酒の感覚に似てるんだよなー(笑

最近はSNS等を通じてそんな皆様と直にお会い出来たり、身近に接したりする事が本当に嬉しく、心躍る今日この頃です。

忙しくても恒例行事。

自分ではそうとも思っていませんでしたが、誰が何と言おうと今年は真田丸に始まり、真田丸に終わった年となりました。

真田丸をきっかけに信州の地に足をお運び頂きました多くの皆様に心より感謝と御礼をm(__)m

夏は本当にしんどかった・・(汗

そんな自分自身も人生で初めて大河ドラマを一度も欠かさず見続けましたし(笑

ただ、真田丸バブルに流されてはいけないとあの手この手を思案した年でもありました。

体調も変わらず波がありましたが、年後半は比較的元気に!?過ごす事が出来ました。

シンプルイズベスト、人間、制約など設けず食べたい時には食べ、飲みたい時には飲む事が何よりの良薬ですね(笑

年の最後(滑り込みで・・)に自分の今後の方向性をある程度形に示す事も出来ましたし。

また来年も飛躍の年である事を願って・・

皆様ご自愛下さい、そして良いお年を!!

斉北荘 館主 斉藤重憲

245.jpg

久々のつぶやきでぶっちゃけます(笑

私は地域(鹿教湯)の魅力発信の伝道師になります!!(爆

・・・

・・・

・・いきなり何を言っているんだと(苦笑

今までこちらからある意味一方的に地域の魅力を発信していた(して来たつもり)でしたが、今後は私自身のライフワークをお客様と共有してしまおうという壮大な企てです(笑

思い描く主なプランと致しましては・・

〇一緒に温泉街散策(私目線のローカルスポットやお土産をご紹介)

〇一緒に体験型ワークショップ(チョークアートや和太鼓の体験)

〇月に一、二度の語らいの場(宿や温泉街の飲み処にて、私自身が取り組む酒米造りプロジェクトの説明を一押しの地酒や地ワインと共に

〇私個人的な趣味(スキー、MTB、ゴルフの打ちっぱなし笑など)を時にはお客様と一緒に体験する

但し、条件を設けます。

【斉北荘にお泊りのお客様限定の企画と致します】

今後は自社予約の宿泊オプションとして設けようかな・・なんて考えています。

ある種、多趣味ともとれる(汗)私自身の今の姿は慣れ親しんだこの地で培って来た、どれも思い入れのある取り組みばかりです。

自分が楽しいんだもの、お客様にもきっと共感して頂けるハズ!!

明確な目的を持って思い出深い旅とする

「また鹿教湯に行ってみよう。」二度、三度とリピートして頂く事が私の思い描く旅の理想形です、どうぞ宜しくお願い致します。

244.jpg

本当久々に単身、デジ一眼片手にカメラに没頭(^^ゞ

柄に似合わず、パワースポットなんぞに行ってみました(笑

・・まだ形にすらなっていないので具体的にお話できる事は無いのですが、また一つ新たなチャレンジをしようと思っています。

年々、身辺の役回りが慌ただしく、新たなチャレンジに着手する事が困難になって来ました。

大博打が打てるのも40歳まで、そんな知人の助言もまんざらでもないな(-_-;)

でも身の周りで誰もやっていない事だからこそ意欲も湧くし、でも前例が無いからどうして良いのかも分からない(苦笑

また色んな人にご指南頂きながら、ひとつずつ形にしていこうと思います。

229.jpg

232.jpg

233.jpg

毎年この時期は忙しい、忙しいとぼやいておりますが、大河ドラマの影響もあってからでしょうか、空前の信州・上田ブームと言って良いほどの忙しなさ(汗

まさに嬉しい悲鳴です、お越し下さった数多くの皆様(これからお越し下さる皆様も)本当にありがとうございますm(__)m

8月初旬から受け入れが続いていた、神奈川県の高等学校様の和太鼓合宿が一段落しました。

若い皆様の躍動する姿を見て、感動しっぱなしの、濃厚すぎる約一ヶ月間。

最近涙もろくなったかなー・・(苦笑

先生方、生徒さんとはもちろんの事、保護者の皆様とも親しくさせて頂いて。

和太鼓を通じて様々な繋がりを感じられる今日この頃です。

・・そんな中、思う事。

昨今、お客様と我々宿側との関係性は本当に希薄です。

宿泊という行為が一つの手段の様な。

一泊二日、正味半日程度の滞在時間の中で、当館の全てを知ったか様に一方的にまくしたてられる。

こんなに高評価であるハズがない、その逆もしかり。

・・お客様主観の数字ってそんなに重要ですか?

食であったり、モノの価値観であったり、確かに自分にも好みはあります。

「自分の好みには合わなかったな」そんな程度で良いじゃん、と常日頃より自分に言い聞かせています。

自分が宿業を営みながら目指すお客様との関係性はこんな和太鼓合宿で知り得る様な、こんな距離感です。

「専務、ぎっくり腰やったんだって?ブログで見たよ」「ハイ。。自分もそろそろそんな歳ですかね(汗)」

お馴染み様とはいつもこんな他愛も無いやりとりがなされています(笑

もし、おもてなしの中で腑に落ちなかった点等があれば、どうぞ直接お声かけ下さい。

私共は所在を明かし、顔をさらけ出し、お客様の喜ぶ顔が見たい一心で一喜一憂しながら日々の業務をこなしています。

私共はお褒めのお言葉も至らない部分も、全て受け入れ、フィードバックする覚悟が出来ております。

お互い顔を突き合わせながら、トークしましょう。

※一部、主観的な意見を述べさせて頂いておりますm(__)m

お客様より、7月より楽天トラベルの宿泊プランが一部表示されていないとのご指摘を頂いておりました。

こちらで事実確認をした所、プラン管理をする上でこちらの設定ミスがあった模様です(-_-;)

プランの実施期間は延長したのですが、掲載期間を延長していなかったという・・(言い訳

基本、オンライン予約と言えども作業は全て手作業ですので入力ミスや設定ミスは良くある事なんです。

現在は正常?に表示されているのでご安心下さい。

兎にも角にもトップシーズンの予約が集中するこの大事な時期に大変申し訳ございませんでした、今後とも宜しくお願い申し上げますm(__)m

斉北荘 館主

2016shinmai.jpg

自己主張の場、あえてどこにも属さず構築した自社ブログだからこそ、たまには真面目ぶって自分の想いを述べたいと思います。

今朝方の地元新聞。観光客減少の一途を辿る、何とも不名誉な形で記事が掲載されてしまいました。

単に企業努力が足りないのでは?と皆様よりお叱りを受けてしまいそうですが、全くその通りだと思います(-_-;)

しかしながら、ガムシャラにもがき苦しむ中で見えてきたモノもあります。

この地に来る、また来たいと思う明確な旅の目的。

私自身が携わるプロジェクトしかり、和太鼓合宿しかり、MTBライドしかり、ウィンタースポーツしかり。

宿単体で感動や共感を与える事は難しいですが、地域として捉えればその魅力は十二分にあります。

春はモノ作りに想いを馳せ、夏に自然と戯れ、秋の実りを感じて、冬にモノ作りの感動を得る。

年間を通じて、この地に来る意義が必ずあると信じて疑いません。

日頃の行動はブレブレですが、気持ちは今は全くブレていません(笑

この地で生まれ育った私自身が地元を「楽しむ」中でその魅力を、私なりの言葉で、行動で示したいと思います。

そんな口下手な私ですが皆様、今後もお付き合いの程、宜しくお願い致しますm(__)m

206.jpg

設備、備品の整った抜群の環境の中、和太鼓合宿はいかかでしょうか。

鹿教湯温泉及び当館は全国の伝統芸能、特に和太鼓合宿の受け入れを広くお承り致しております。

本格的な受け入れを始めてから早5年。受け入れ実績も多数。地元和太鼓チームに所属する私自身が思う、この地で和太鼓合宿を行う事の理由、メリットを述べさせて頂きます。

・防音設備の整った、キレイで広々としたホールで終日、思う存分和太鼓と向き合う事が出来ます。

・冷暖房完備、年間を通じて空調機能が整ったホール内は夏は涼しく、冬は暖かい環境の中で合宿を行う事が出来ます。

・種類豊富な和太鼓の貸し出しが可能です。※有料となります。

・自炊場(厨房)があり、食事の自炊も可能です(合宿費用を抑える事が出来ます)

・宿泊業を営む関係者(私自身も・・笑)がいるのでリアルエージェント等を通さなくても直接的な交渉が可能です(合宿費用を抑える事が出来ます)

・合宿中の食事の有無、費用のご相談には柔軟かつ真摯に対応致します。

・遠方からのお越しの際の送迎バスの手配もお承り致します。※詳しくはお問い合わせ下さい。

・私も所属する和太鼓チーム「鼓城」とのセッション、成果発表会、交流会、飲み会も喜んでお承り致します(笑

・一日の疲れはもちろん良質の温泉で!身も心もリフレッシュできます。

・合宿中のプランニング、蕎麦打ち体験や信州オススメの観光スポット等、お気軽にご相談下さい。

・現在リピート率100%!利用して下さった皆様全員がまた来たいと言って下さっています。皆様の心に残るおもてなしを心がけます。

現状、合宿会場が一つしかなく、シーズンによっては止む無くお断りするケースも出始めております。努めて調整をさせて頂きますので、ご検討の際はお早めにお問い合わせ下さいます様、お願い申し上げます。

お問い合わせは鼓城ホームページまたは当館へ直接お願い致します。

TEL(0268)44-2417

年の終わりの恒例企画。

本来ですと例年の如く新たな試み、チャレンジ、飛躍の年で締めくくりたかった訳ですが。

・・そう、今年は残念ながら「病んだ」年、春先に人生初めての大病を患いました。

家業のトップシーズンにも関わらずお暇をもらったのはこれまた人生初。。(-_-;)

・・その後、本格的な復帰には約半年の歳月を要しました。

あ、めちゃくちゃネガティブに書いてますが、今は割と元気です(笑

・・過去の苦い経験から、私は自分からネガティブな情報を発信する事を止めました。

読み返してまた不快な思いをぶり返すのも嫌ですし、第一読んでいてつまらないですものね。。

地元は本当に温かいもので、会う人会う人、皆本当に自分の体調を気遣って下さって、呑み屋さんでお酒が出て来ないくらい(笑

自分はこの地域に必要とされている(たぶん!)と改めて感じる事が出来ました。

そんな想いを胸に心機一転、来年は体を気遣いながらもまた例年通りの「アクション」の年にしたいと思います。

私が言っても説得力がありませんが皆様、くれぐれもご自愛下さい(笑

良いお年を、そして今年も数多きご縁に心より感謝。

斉北荘 館主 斉藤重憲