お宿のご紹介 静かにJazzが流れるリラックス空間

今シーズンから始めた山菜プラン。GW明けまで、実質一ヶ月程度の期間限定プランとなります。

地元の八百屋、斎藤農園さんに「春先に一ヶ月くらい山菜手に入らない?」なんて相談した事から始まったこちらのプラン。

イメージ先行、いつも通りの見切り発車感否めませんでしたが(汗)お客様にお出しする機会も増えて参りましたのでその一部を写真に収めてみました。

尚、厨房での作り立てをそのまま撮ったので記録程度の写真のクオリティはご愛敬^^;;

また私自身、板前ではありません。料理構成や料理名の不適はご了承下さいm(__)m

IMG_6691_R.jpg

箸休め的小鉢三種、左より菜花の胡桃和え、こごみのマヨネーズ味噌、独活スティック。

独活は近所の方からの頂き物、なんとも贅沢な使い方です^^;

お味噌は地元原商店さんのイゲタ味噌を使用しています。

IMG_6692_R.jpg

うるいとベビーホタテのお酢の物。味のアクセントに酸味の強い梅味噌と市田柿をあしらっています。

IMG_6694_R.jpg

豆腐の蕗味噌田楽、蕗の煮びたし添え。蕗が主役の一品です。

その他、山菜天婦羅や川魚などをお出ししています。

決して贅の限りではありませんが、山菜の苦みが体を内からキレイにしてくれる、そんな気分になります。是非一度ご賞味下さいませ。

↓ ↓ ↓
山菜プランはコチラ

※料理は一例です。その日によってお出しする料理が異なります。

IMG_1737_R.JPG

大浴場入り口に自動販売機を設けてございます(もちろん定価です)

大型連休を間近に控え、お越しになられる多くのお客様にお伝えしたい事柄。

「宿の飲み物はそもそも高いから」「コンビニが最寄りにあるしね」

そんな些細な理由から持ち込みをされるお客様がいらっしゃいます。

もちろんそういったお客様を全否定している訳ではございません。現に当館にも食事の無い泊食分離プランがございます。

そんな中、私が一番お客様に知って頂きたい理由。それは...

宿泊している以上、お客様の健康面や体調管理の一端を当館が担っている事になります。

いかなる理由であれ、お客様の自己責任で...と言うわけにはいかないのです。

飲食業の宿命、私共は食中毒等のリスクから食事の提供にも最新の注意を払っています。

くれぐれも日中持ち歩いたお弁当やお惣菜の持ち込みは何卒ご遠慮下さい。

DSC_3455_R.JPG

最近じわじわと人気が出てきた選りすぐりの信州地酒がテイスティングできる当館の「利き酒セット」

そんな皆様にご満足頂きたくてこの地でしか食せない、飲めないこだわりの品々を極力取り揃えています。

折角の信州の旅、コンビニ食も良いですが、とっておきの一杯、とっておきの一品は是非とも当館にお任せ下さいね。

久々に時間がとれたので空前のブログラッシュです(笑

いつぞやにこの場で公言した、リニューアル前は幾度となくお世話になっていた上越市立水族博物館うみがたりへ春休みに(子供の)念願叶って行って参りましたー

DSC_3801_R.JPG

リニューアルオープンから大よそ一年、流石に当初の賑わいもひと段落、人混みが苦手な私には願ったり叶ったり(笑

DSC_3808_R.JPG

更には昨今観光地でもありがちな多国籍感も無く、個人的感想としてはまだまだ穴場的な感じ。とは言っても最先端の設備が整っており、水族館マニアな私供(笑)でも満足度高かったです。

DSC_3823_R.JPG

スマホで写真を撮っている妻を激写(笑

個人的にオススメしたいですが、今年のGW10連休は特に大変な混雑が予想されます。余裕を持った旅のプランでお出かけ下さいね。

当館よりお車で約2時間(あくまで参考程度に)

うみがたりホームページ

parking1.jpg

当館への入り口は大まかに二箇所ございます。

高台に位置する正面玄関とこちらの地階駐車場となります(どちらも地に面しております)
※現在マイクロバスは置いてございません。

駐車スペースが二箇所あり(正面玄関に3台、地階に10台分)何かと分かりづらい駐車場ですが屋根付きは珍しいと好評です。

マイカーを大切にされているお客様、またバイカーの皆様の愛車がご宿泊中、雨風にさらされる事はございません。また降雪時のウィンドウの凍結防止にもなります。

IMG_4934.jpg

またこの程、バイクラックも設けました。

ロードバイクやMTBでお越しのお客様も立ち寄り入浴等にご利用下さい(盗難防止のセキュリティ対策はお客様ご自身でお願いします)

新年度始まりました!!ここ最近は情報発信も滞っておりまして。。

それには理由がございまして...今期(4月1日)より一期二年の鹿教湯温泉旅館組合長という大役を仰せつかりました(祝、祝?

新年度早々の新旧役員の引き継ぎに始まり、通常業務中に組み込まれる打ち合わせ、来賓参列などなど、日によっては分刻みの過密スケジュール。。

...既に心が折れかかっております(苦笑

ですが、ここ鹿教湯に戻ってから約20年、私なりに生まれ育った故郷に対する想いや培って来た人の繋がりがあります。少しでも温泉場にフィードバック出来る様、努めて参りたいと思います。

令和元年鹿教湯温泉旅館組合長 斉藤重憲

月別アーカイブ