お宿のご紹介 静かにJazzが流れるリラックス空間

訳あってここ数日宿を空けておりましたm(__)m

最近特に感じる事。

「自分自身が感じた(感じている)事を、自分自身の言葉でお伝えしたい」

無知の素人ながら、自社サイトの画像やテキストもちょこちょこといじらせて頂いております(汗

細かい修正ばかりですが、ほんの少しでも変化を感じて頂けたら幸いです。

斉北荘 専務

当館が取り扱う特約店限定流通酒「互」の今シーズンの搾りがあるとの事で行って来ました@醸造元、沓掛酒造さん

過去「澤乃花」の伴野酒造さん、「瀧澤」の信州銘醸さんと酒蔵見学に行きましたがリアルタイムにお酒が搾られている現場へ行くのは今回が初めてです。

どこの酒蔵さんへ行っても思うのですが、モノ作りの現場ってホント独特な空気感が漂ってる。

このレトロ感が何とも言えないんですよねー

来週、これまた搾りを控えた沓掛酒造さんの主力銘柄「福無量」の大吟醸(驚

大吟醸クラスのお酒、普段はまず口にする事がありません(高価だし、いっぱい飲みたいし・・

ポコッポコッと、まさにその時が来るのを静かに待つかの如く「息づい」てました。

そして本日の主役来たぁーー。

先発から順々に機械にかけられ静かに、そしてゆっくりと搾られていきます。

その搾る場所やタイミングによって刻々と味が変化するのだ・・そう。

何とも悔やまれるのは、車の運転で香り程度を楽しむ事しか出来なかった事。。

つまみを持ちこんででも飲んでいたいという皆さんの笑い話もまんざらでもなさそう(笑

関係者皆様、本日はありがとうございましたm(__)m

願わくば、瓶にでも詰めて持ち帰って来たかったです・・(汗

斉北荘 専務

散々悩んでまた一つ、決断をしました。

星の数ほどある宿泊施設の中で、ウチみたいな小さな温泉宿、世に知られてナンボ。

販路拡大、露出優先ばかりに囚われて、気が付くと本質の部分を怠っていました。

それは自らの口で「伝える」事。

ここ最近、本当に伝わっていたのかと・・

・・ってな訳でまた自分で一から出直す事にしました(^^ゞ

「専務?早く在庫出してよ?」「文才無くて文章にならない?」またあの苦悩の日々が蘇ります(汗

また一つ遠回りをしました。。

でも遠回りした分、また一つ壁を取っ払って視界が広がった・・気分。

今は自らの口で、当館を知って頂いた皆様にお伝えしたい事が山ほどあります。

またこんな形になってしまいましたが、今後とも宜しくお願い致しますm(__)m

斉北荘 専務

家族でいちご狩り@塩田東山観光農園

寒?いこの季節、時期的にも少々お値段高めだし、粒も心なしか青々としているし、如何なモノかと思いきや・・

・・・

・・・

・・これが私(達)にとっての大正解!!

まず誰の目も気にする事なく、縦横無尽に歩き回って食べまくれるのが良し!(笑

どの季節でも常に一定の温度が保たれているのだそう。

そらぁこの時期は暖房費もかさむ訳だ。。

見て下さい、練乳が今にも???(唾

そしてもぎたての美味しい事!

例えるならば釣った魚をその船上でさばいて食べるみたいな・・?(笑

これも功を奏したのか、適度な青みがただ糖度の高いだけでは無い、程良い酸味が後引く美味しさです。

基本、甘いモノが苦手な私でもかなりの数を食べる事が出来ました(嬉

いちご嫌いなお子様はまずいないだろうという事で・・

当館よりお車で25分、「東山観光農園」オススメです!!

最後に本日の一枚

ほおばりすぎです・・

斉北荘 専務

ざっくりとですが、キッズスペース他、備品設置完了です。

子供がそこそこ大きくなった我が家族には必要に迫られる機会は減って来ましたが、うわべだけじゃない子供目線の設備って、案外ありそうでいて無いんですよね(過去体験談

出先もしかり、宿もしかり。

今でこそ大型スーパーとかに限って言えば、多目的トイレやおむつ替え台が常設されていて何の問題も無いんですけどね。

先週末にお越しになられたお客様のお子様もこのキッズスペースでさっそく遊んでくれました(嬉

・・我が子も一緒に混じって(苦笑

お子様料金が半額になる冬のファミリープランも継続中。

皆様のお越しをお待ち致しております。

斉北荘 専務

facebookと自社ブログの更新がごちゃ混ぜで、自分自身でも何のこっちゃ訳分からなくなっております(^^ゞ

そろろろこのサイトもテコ入れしなきゃなぁ?・・

このサイトを立ち上げて早一年半、インターネットを取り巻く環境もすっかり変わってしまいました。。

宿ログを更新したくてスマホにしたのに今は妻の独壇場、散々悩んだあげくtwitter断念したのになぜか今はfacebookやってるし・・(苦笑

世の流れについて行くだけで一杯一杯なのは重々承知しているのですが。。

時代に見合った伝え方をするにはそれなりのスキルを要する訳ですが、技術的な事は何一つできない自分がもどかしいです。

このサイトでお伝えしたいのは、当館の”今”です。

「なう」です(笑

またどこぞの勉強会にでも参加しましょうかね・・

斉北荘 専務

2月突入?、連日寒い日が続いております。。

温泉は自然の産物、当然の事ながら季節によって湯温の感じ方は変わって来ます。

夏は熱く、冬は温く。

こんな寒?い日は滝口から出でる湯(湯船に注がれる直前の湯は温かい)をいっぱいに首筋から肩口にかけて。

飲泉もかかさず(我が子も必ず飲みます。

就寝前に入れば、体の芯までポカポカで安眠間違いなしです※身をもって体感済み・・(笑

温泉で体の芯まで温まって、素朴だけど体に良いモノばかりをバランスよく食べて、心を落ち着かせて、良く寝るetc・・。

・・何も贅の限りを尽くす事ばかりがリフレッシュとは限りません。

そんな場所がこのひなびた温泉場にはございます。

斉北荘 専務