お宿のご紹介 静かにJazzが流れるリラックス空間

口で言うのは簡単ですが、ここ数日ずっとテンションが下がっておりました。。

聞きたくなくてもやたらと耳にするウソも誠も情報の山、山、山(ただ暇なだけかも・・

思いが届く様でいて届かなくて、ただもどかしくて、ずっとフワフワしておりました。

こんな時って見えない募金をして、見知らぬ誰かに思いを託せばそれで気が済んじゃうのかもしれないですけど。

 

・・なんか嫌なんです(だたのひねくれ者かも。。

 

で自問自答して辿り着いた事、やっぱり仕事であり、自分らしさ。

ずっとイメージがあって、でも何かしら言い訳をして実行出来ていなかった事。

もう一度見つめ直し、改めて形に示したいと思います。

斉北荘 専務

長かった様でホント長かった様な・・(笑

一期二年続いた鹿教湯温泉旅館組合宣伝部長〆のお仕事?(まだ任期中・・

その日、しっかりと今後のビジョンを話し合ったのち、二年分のささやか?な労いの場。

この二年、畑違いながらも行政のitoさんとは密に連絡を取り合い、無知な私でも充実した宣伝活動を送る事が出来ましたm(__)m

これで心おきなく来期人事にバトンを渡す事が出来ます(まだ任期中・・

冗談を言っていられるテンションではありませんが、私ごときがしんみりしていても何も変わりません。

しっかりと前を見据えて歩んでいきます。

斉北荘 専務

久しぶりの雨、よく降ってます。

いつもの連休の様に・・とは到底参りませんが、こんな中でも当館をご利用下さるお客様に心から感謝。

久々に生け花を撮った。暗がりだったけどうまくフラッシュが効いた。

暖かくなってきた証拠ですね、ユリの花の開きが早いです。 

春はすぐそこ、さぁ頑張ろう。

斉北荘 専務

こんな時だからこその自社ブログ。

TV、便座等々、稼働していない客室の家電製品の主電源を切りました。

過去、温便座のスイッチを付け忘れ、ひどく叱られた事を思い出す。。

くれぐれもお客様にご迷惑がかからない程度に行います。。

 

・・何が適切で何が不適切かなんて分からない。

 

自分の事を少し。

日に日に増してきた支援活動。

バスケ歴10年。(もう動けず)自身青春の全てだった「スラムダンク」著者井上雄彦さんの執筆活動。

胸が熱くなります。

斉北荘 専務

この様な状況下ではございますが、(だからこそ)変わらぬスタンスで営業致します。

当館の想い、それは希望、復興の願い、そしてこの地にお越しになられるお客様がいる限り、いつもと変わらぬ姿勢でより信念を持っておもてなしする事が何より大切なのではと考えます。

この地に皆様が笑顔でお越しになられる日を切に願いながら。

斉北荘 専務

年度末の一日ってホントに早い。

気がつくと一週間近くブログ放置、何がどうって訳でもないのですが、しっかりと生きておりました(汗

・・鹿教湯温泉旅館組合宣伝部長の任期も残りあとわずか、最後の悪あがきとばかりに自ら関わる仕事の全て、申請書やら校正記事やらに手を出してます。

仕入れの業務はほぼ毎日、送迎や宿関係の打ち合わせもそれなりに。

こんな感じに私があれよあれよとしている間にかみさんの裁縫の夜なべが増え、娘の身の回りのグッズが日に日に増えていきます。

昨晩娘が初めて園児服に袖を通した、ちょっと感無量。。

いよいよ娘の入園式が間近。

・・入園式程度で私は泣いてしまうのでしょうか(苦笑

斉北荘 専務

ひな祭りを祝う@斉北荘

姉家族も巻き込んでのささやかな家呑み。

いたずら四人衆も久々の集結、私自身も昨年のリベンジを果たすべくカメラ小僧の血がたぎります(笑

以前の撃沈記事↓

http://saihokuso.info/blog/2010/12/post-38.php

それなりの手ごたえを感じつつも、一段と我が出て来て縦横無尽に立ち振舞う四名。

・・唯一撮れた全員カメラ目線もややピンボケ(涙

ヘコみつつも被写体ありきのカメラだという事の再認識、春に向けてカメラ熱がまたフツフツと湧いて来たのでした(二ヤリ

斉北荘 専務

いつもと何ら変わり映えの無い画面、それでも斉北荘ブログや新プランの閲覧等々、何かしらの理由があって当館HPを気にかけて下さっている皆様。

・・TOPページをそっと8秒ほど放置してみて下さい(笑

変化をお楽しみ頂けたら幸いですm(__)m

斉北荘 専務

先週末も送迎やら買い出しやらで何かとドタバタ。

・・気がつくとアッと言う間に三月に突入です(^^ゞ

この時期、アットホーム感満載の当館では子供のひな人形、五月人形を立て続けに館内に飾らせて頂いておりますm(__)m

また寒さも和らぎ、徐々にではございますがお客様の動向も変わって来た様に感じます。

三月は中旬の連休を主に予約が動き始めております。

初春に信州への旅を予定されている皆様、繁盛日のご予約はお早めに。

斉北荘 専務